3シーズン目は高速コンビ・デンマークリーグ。Go Go Blue!!(チームのかけ声)


by masatakahashi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シーズン終了!!第3位

3位決定戦は1戦限りの1発勝負でした。

やはりチームメイトのメンタルが懸念されましたが、セミファイナルから数日空いたとこもあり、皆気持ちを切り替えることが出来ました。

しっかり集中出来ていたうちのチームは全く問題なく試合をこなせていました。
3強以外のチームは寄せ付けないような勝ちっぷりで最後を締めることが出来ました。

3-0で最終戦を終えました。



やはり僕が反省しなければならないのは、年上としての「リーダーシップ」と「勝負どころでの安定感」です。

3強と戦うときは必ず厳しい試合となるのは分かっていましたが、それが弱点となってしまったのは非常にまずかったと思います。

ただそういった弱点もアメリカ人のエリックなどがよく僕と英語で会話してくれてだいぶ克服できたことは確かです。そういった面では彼らに本当に感謝しています。


まだまだ未熟な僕でしたが、今シーズンもまた大きく成長できたことは間違いないです。
今回の結果は僕らの実力から言って正直良い結果とは言えないので、この経験を忘れず勝ちにこだわれるように来シーズンも頑張ります。


帰国する予定ですが、残り2週間はこのミデルファルトの親友と良い思い出をつくる時間にしたいと思っています。


また帰国したらデンマークを振り返りたいと思います。お楽しみに :)
c0140743_8273580.jpg

c0140743_831389.jpg

c0140743_8331690.jpg

[PR]
by masatakahashi2 | 2010-04-16 08:33 | Middelfart

セミファイナル敗退

セミファイナルは第4戦が今日行われました。

最初の2セットを落とし後が無くなりました。この試合は、両チームのサポーターが一生懸命応援してくれていて、コート内の声も本当に聞き取りづらいくらい盛り上がりました。また、お互いに乗ると勢いがつくチームなので、先に点差をつけられると本当に厳しい展開になります。今日の試合はさらに精神面でプレッシャーのかかる本当に厳しい試合でした。

僕はプレーオフに入ってからなかなかトスをもらえず、気づかないうちにとてもいらいらしていたのだと思います。
トスをもらえないうちに味方セッターのたまにくるトスのタイミングをつかむことが出来なくなってしまい、非常に苦しい展開になってしまいました。


なんとかフルセットへ持ち込みましたが、またまさかの僕のミスで差が開いてしまいました。

5セット目をものに出来ず、プレーオフ決勝進出はなりませんでした。


僕のコーチしている女子チームの皆やミデルファルトからたくさんの人が応援にコペンハーゲンまで来てくれたのですが、その期待に応えられず本当に悔しくて恥ずかしかったです。


次は1試合で決着をつける3位決定戦があるのでそちらを頑張ります!
[PR]
by masatakahashi2 | 2010-04-06 06:17 | Middelfart
先週からプレーオフ・セミファイナルが始まりました。5戦3勝で決勝に進めます。


相手はその前の週に2戦連続で勝ったGentofte(ゲントフテ)でしたが、プレーオフでは第1戦、第2戦ともに負けてしまいました。

あまり言いたくはないのですが、デンマークの審判は酷いです。中には良い審判は何人かいますが、基本的にホーム・アウェイに関係なく、何人かの審判は自分の好きなチーム、嫌いなチームがあるみたいです。

ジャッジでは、自分の手前のサイドラインは最後まで目を追ってジャッジしていないと思います。

1番酷かったのは1セット目後半の1本目のオーバーパスをダブルコンタクト取られたことです。
しかもそれは最後まで覆らず、さらにリベロの完璧なディグをリフトしたとの判定。チーム全員完全に切れてしまっておさえるもののそのセットはデュースで落としてしまい、その後、試合の流れも変わってしまいました。

カップ戦の決勝も5セット目の15-15でアウトオブポジションのジャッジミス、全く触っていないワンタッチでゲームセット。僕等が始めて負けたリーグの試合も1mも入っているボールがアウトの判定。

あまりにも審判がわざわざ試合を決定づける判定と余計な判定が多いので、そこは本当に直してもらいたいです。




この3戦目を落とせばブロンズマッチを1戦してシーズン終了となるので、練習からピリピリしたムードでした。
非常に精神をコントロールするのが難しい期間でしたが、試合では皆、次のプレーに集中し、出来るだけチームメイト1人1人がチームがまとまるようにお互いを助け合いました。

恐らくそれが相手を上回り、ミスの少ないプレーが出来たと思います。3-1で勝利しました!

非常に私達の自信になった1勝だと思います。しかし、次は相手のホームでの試合ですし、あと2勝しなければならないのでまだまだ慎重に戦わなくてはなりません。

次の試合は月曜日です!まだまだ粘ります!!
c0140743_1155550.jpg

こちらは、ベルギーで食べたベルギーワッフルです。
[PR]
by masatakahashi2 | 2010-04-04 01:17 | Middelfart

ベルギーへ

先週、CEVカップの決勝がベルギーで行われるのを知って、行こうか迷っていました。

結局は、行くことに決めました!!フライトも前日の予約でしたので帰りしか取れませんでした。
行きは寝台列車で14時間+2時間の乗り換え電車でした。

寝台列車の中ではアメリカ人、インド人、スペイン人の計6名の小さい部屋で楽しく会話しながら過ごしました。
ドイツへ無事着いて乗換えだったのですが、この日はサマータイムが変更になる日で乗り換えのときに時間を間違えて、もう少しで乗り遅れるところでした。

リエージュというベルギーの駅に着いたのですが、ベルギーは場所によって言語が違うので最初は混乱しました。そこでは、フランス語が使われていました。


無事会場に着き、試合を拝見しました。ホームチームのマザイクはサポーターが凄い盛り上がっていました。
ハリセンとラッパ音が鳴る機械、ウェーブ、大きなチームの旗、DJなどで会場を盛り上げていました。

試合開始時はサポーターが歌を歌っているうちに始まり、24点目になると全員が立ち上がり、声を出して歓喜の瞬間を待っていました。周りが凄く盛り上がっているので自分も本当に楽しめました。


試合は3位決定戦から良い試合でした。ピチェンツッアはイタリアリーグのプレーオフに備えて主力をあまり出していませんでしたが、それでも良い戦いぶりでした。対するホームのマザイクはサポーターの協力もあってとても勢いがありました。

決勝戦も本当に良い試合で、試合観戦があまり好きではない僕が点数も見ないで彼らのプレーに見入ってしまっていました。「これが本場のバレーなんだな」とまたもっと若いうちに見なければならない試合だとも思ってしまいました。
優勝したクネオは、本当にオールスターチームと言わんばかりの豪華なメンバーで、ニコロフ大先生は全くブロックをくらうことがなく、強力なスパイクを次々と決めていきました。3-1でイスクラを破りました!!!

やはり見ていてその高さに驚きました。ミドルはクイックを打つとき、ネットからおへそが出るくらいまで跳んでましたし、アウトサイドも胸が出る高さはありました。





ベルギーに来て実現できれば良いなと思っていたのは、アイスランドへ行く際に代理人として大変お世話になったNOBYさんにお会いすることでした。前日に決めた旅行でしたので、ご連絡する時間がなかったのですが、会場でお会いすることが出来ました。

実際にお会いできる機会がなくお会いしてご挨拶出来なかったのですが、やっと実現しました。
海外へ行こうと決めたのもNOBYさんの雑誌での記事を拝見できたおかげで、僕が海外に行く術がなく困っていたところを助けていただいたのも、NOBYさんです。

試合後は一緒に、元・東レで大活躍したブルガリア出身のニコロフ選手とお会いできて、「コンニチハ!」と声をかけていただきました。

NOBYさんのブログに書かれてあるように、ニコロフ選手とNOBYさんは本当に仲が良くて、この日もニコロフ選手からパーティーに誘っていました!

その後、NOBYさんにロシア・イスクラの選手達のパーティーへ招待していただきました。
英語を話せる選手はほとんどいなかったのであまりお話出来ませんでした。ロシア語少し勉強しとけばよかったです。この日はリベロの選手のお誕生日ということでBARで飲んでいて、結構静かでロシア人っぽい雰囲気でした。世界のトップ選手達と一緒に過ごすことが出来て夢のようでした。

帰りはブリュッセルから飛行機で帰りました。今までのバレー経験の中でも1番と言えるほどの良い経験が出来ました。NOBYさんには本当に感謝です。この経験を生かしてさらにレベルアップします!!

c0140743_20291076.jpg

イスクラの選手と一緒に1枚。
[PR]
by masatakahashi2 | 2010-04-01 20:29 | Volleyball